リノベーションのあれやこれやの疑問を詳細に解説

リノベーションと新築との違いとは?

新築のメリット、デメリット

新築は真新しく気持ちの良いものでしょう。
新築効果は、住む人間を日々ワクワクさせ充実させてくれるものだと思います。
老朽化やリフォームの心配もまだまだ先の事でしょうし、何と言っても新しいと云う事は同条件の中古より資産価値が高いと云う事に他なりません。
大事なセキュリティ対策も、新築マンションの場合は万全と言って良いと思われます。
ただし新築は中古と比べて高コストになるのは仕方のない事ですし、好立地を選択する事が難しくなる事もあるでしょう。
都内に於いては新築が建たない状況の地区もあると言います。
そうなると資金面、立地条件等で選択肢が狭められる事は否めません。
新築マンション購入に於いてはマンション管理状況の確認はもちろんの事、モデルハウス見学の他にも周辺の住環境等を実地で確かめる事も必要だと思います。
戸建ての場合も不具合が生じた時の、詳細な保証期間の確認が必要でしょう。

リノベーションのメリット、デメリット

リノベーションをした戸建て或いはマンションは、同条件の新築よりも一般的に低コストであり、同条件の中古よりも付加価値は上がると言います。
つまり良いとこ取りの感は非常にあります。
更に新築同然ですので、一般的な中古より給排水管等の水回り老朽化についても安心です。
もちろん最大のメリットはお洒落で自由な住空間を確立できる事にありますし、予め騒音等(昼夜)住環境の現地見分が可能点もポイントです。
ただ、リノベーションをする際、もしくはリノベーションされたマンションを購入する際に気を付けなくてはイケないのは、サッシや玄関ドアは共用部分となりますので変更は不可だと云う所です。
以外に見落としがちな部分でもあるので、後で後悔がない様にチェックが必要だと思います。
自身でリノベーションを行う際は、他フローリング材や床材の規定等があったり、配管スペース等の問題で水回りがいじれない事があったりもしますので要注意です。


この記事をシェアする