リノベーションのあれやこれやの疑問を詳細に解説

両者はどこが違う?

自分でリノベーションする事のメリット

第一に、各不動産会社にある全ての中古マンション物件を選べますので、選択肢が広がります。
都内で好立地のマンションでも、中古でしたら手に入れ易いので通勤時間の短縮も可能になるでしょう。
次に新築マンションと比較した場合に低コストで抑えられますし、中古物件は15年を境に価格の下落幅も少なくなるそうですので、新築と比べ逆に資産価値は下がり難いと言う事です。
そして何より理想の間取りにでき、自身の好きなデザインに作れるのが大きなポイントと言えるでしょう。
新築でもリフォームでも、ある程度標準的規格に基づいた間取りやデザインになりますので、例えば全てのフロアーをバリアフリーにしたい場合等には、後付でのリフォームでは限界がある様に思えます。
その点、自分でリノベーションすればオールバリアフリーも可能になるのです。

自分でリノベーションする事のデメリット

まずは外側からは分からない構造上のチェックが素人には難しいという点で、例えば断熱や給排水管等が老朽化していた場合に、後から工事を追加すれば思わぬ費用増加に繋がってしまいます。
次に、非常に手間が掛かると云う点であり、不動産会社から始まり、設計事務所、施工会社、インテリアショップ、何より銀行でのローンの組み立てまで全て自身で行わなければなりません。
しかも中古マンション購入の住宅ローンに、リノベーションに掛かった金額を組み込めなかった場合は、住宅ローンより金利の高いリフォームローンを組まなくてはならないと言う事です。
追加工事と高い金利のダブルパンチになってしまえば、新築マンション並みの費用になってしまう恐れもあるそうですので注意が必要ですし、アフターサービスについても詳細な確認が必要になります。
更に忘れてはいけないのが日数が掛かる点で、その期間は仮住まいになる覚悟を持たなくてはならないでしょう。


この記事をシェアする